象印 加湿器 EE-RP50とEE-RN50の違いは?どっちを選ぶのが正解?

象印 加湿器 EE-RP50
象印のスチーム式加湿器は、定番人気ですよね。

でも次々に新モデルが発売されるから、「違いはなに?」と戸惑われた方も多いと思います。

この記事では、EE-RP50EE-RN50の違いや口コミ、価格情報などをご紹介しますね。

象印 加湿器 EE-RP50とEE-RN50の違いは?

疑問に思う女性
まず、この2つの発売日は

EE-RP50:2018年8月
EE-RN50:2019年8月21日
です。

そして、

エクスクラメーションマーク違いはありません

機能・性能・サイズ・重量など、すべてまったく同じです。

(ただし1点だけ違いがあって、操作部の表示が「運転モード 高め」⇒「運転モード しっかり」に変わっています)

この2つみたいに「型番が変わっただけでまったく同じ」というケースは、家電ではよくあります。

新しい方がいいとは限らないので、事前にしっかり確認してから購入したいですね。

どっちを選ぶのが正解?

比較
まったく同じ製品なので、選ぶ基準は価格になると思います。

実売価格はEE-RP50の方が安いので、EE-RP50がおすすめです。

通販サイトのランキングでも、EE-RP50の方が人気です。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ(最安値はAmazonです)
Amazon象印 加湿器 ZOJIRUSHI EE-RP50-WA

EE-RP50とEE-RN50の本音の口コミ・レビュー

この2つはまったく同じなので、まとめてご紹介しますね。

悪い口コミ

悪い口コミ

うるさい
◆口コミ・レビューその1(匿名の男性)
「寝室用に購入しました。

電気ポットの沸騰中みたいな音がうるさすぎて、寝室で使うのはあきらめました……」

湯気が真上に出る
◆口コミ・レビューその2(匿名の男性)
「手入れのしやすさは一番いいと思います。
シンプルな機構なので、カビを逃さず洗い落とせて清潔です。

ただ、沸騰した湯気が垂直に出るので、置き場所を選びます。

また、音も大きいです」

良い口コミ

良い口コミ

十分な加湿能力
◆口コミ・レビューその3(匿名の男性)
「今まで、いろんなメーカーのいろんな方式の加湿器を使って来ました。

こちらは見た目が電気ポットでオシャレさはないけど、性能では文句なしです。

13畳のリビングで使っていますが、加湿力は充分。

寝室で使うには音が気になりますが、リビングなら何の問題もないレベルです。

手入れも楽だし、おすすめです」

肌の乾燥が落ち着いた
◆口コミ・レビューその4(匿名の男性)
「スチーム式共通のデメリットですが、常に電気ポットが沸騰中みたいな音がします。

でも、慣れれば気になりません。

加湿能力は十分です。
部屋干し中も30%だった部屋が、50%前後になります。

おかげで、肌の乾燥が落ち着きました」

手入れが楽
◆口コミ・レビューその5(匿名の男性)
「ほかの加湿方式と違って、とにかく手入れが楽です。

そして、シンプルなので壊れにくい。

もうそれだけで、音とか電気代とかはどうでもよくなりまました」

口コミまとめ

CHECK!!悪い意見
  • うるさい
  • 湯気が真上に出るので、置き場所が限られる
CHECK!!良い意見
  • 13畳のリビングで使うには文句なしの性能
  • 部屋干し中も湿度30%の部屋が、50%前後になる
  • 肌の乾燥が落ち着いた
  • 手入れが楽
引用元:Amazonカスタマーレビュー(EE-RN50)

そのほか、悪い口コミとしては「電気代が高い」という意見も多かったです。

でも音と電気代以外については、高評価している人がすごく多かったです。

EE-RP50の価格情報。最安値は楽天?Amazon?

ショッピングカート
「どこが最安値なのかな?」と思って、いろんな通販サイトで価格をしらべてみました。

その結果、最安値はAmazonでした。

Amazon象印 加湿器 ZOJIRUSHI EE-RP50-WA

安いだけでなく、送料無料なのもうれしいです。

ちなみに楽天の場合だと、
楽天市場ZOJIRUSHI スチーム式加湿器 EE-RP50(WA)
という状況になっています。

EE-RP50・EE-RN50の電気代はどれくらい?

電気のアイコン
スチーム式加湿はどうしても、電気代が心配になりますよね。

なのでどれくらいになりそうか、試算してみました。

消費電力

消費電力は

湯沸かし立ち上がり時:985W
加湿時:410W
となっています。

1時間当たりの電気代

加湿時(410W)だけの電気代は、約11.07円です。

湯沸かし(985W)が含まれた場合は、もう少し高くなります。

期間あたりの電気代

加湿時(410W)だけの電気代は、下記のとおりです。

8時間:約88.6円
8時間×30日:約2,658円
24時間:約265.7円
24時間×30日:約7,970円

これに湯沸かし時(985W)も加わることを考えると、なかなかの電気代になりそうですね……。

実際の一例として、「24時間ずっと使っていたら、いつも7千円くらいの電気代が1万9千円になった」という口コミもありました。

ただ、

  • インフルエンザなどの予防にもなる
  • 手入れが楽
  • 清潔(バイ菌をまき散らさない)
などのメリットを考えると、「電気代には目をつぶれる」という方が多いようです。

主な仕様

仕様
EE-RP50とEE-RN50共通です。

サイズ:240x315x260mm
重量:2.4㎏
消費電力:湯沸かし立ち上がり時=985W、加湿時=410W
適用床面積の目安:木造=8畳、プレハブ洋室=13畳
連続加湿時間:強=6時間、弱=24時間
蒸気温度:65℃
タンク容量=3.0L
加湿能力=480mL/h

まとめ

象印のスチーム式加湿器 EE-RP50とEE-RN50には、違いはありません。

操作部の表示が一部異なりますが、それ以外の機能・性能・サイズ・重量などはすべて同じです。

そのため、実売価格が安いEE-RP50がおすすめです。

通販サイトのランキングでも、EE-RP50の方が人気です。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ
Amazon象印 加湿器 ZOJIRUSHI EE-RP50-WA