アイリスオーヤマ KCF-SDS151TとPCF-SDS15Tの違いは一つだけ!どっちを選ぶのが正解?

アイリスオーヤマ KCF-SDS151T
この記事では、アイリスオーヤマのサーキュレータ『KCF-SDS151T』と『PCF-SDS15T』の違い・選び方などをご紹介しますね。

KCF-SDS151TとPCF-SDS15Tの違いは?

この2つはどちらも2021年春に発売されたモデルで、

違いは「運転モード」だけです。

そのほかの機能・性能・サイズ・重量などは、すべて同じです。

KCF-SDS151T:連続、強制撹拌
PCF-SDS15T:連続、リズム

強制攪拌モード

KCF-SDS151Tの強制攪拌(かくはん)モードは、最大風速+最大首振り角度で、部屋の空気をかき混ぜてくれます。

エアコンの冷気・暖気が効率的に広がるので、快適なだけでなく節電にもなります。

つまり、サーキュレータ(エアコンの冷気・暖気の攪拌)にしか使わない方にぴったりです。

リズムモード

PCF-SDS15Tのリズムモードは、高級扇風機に搭載されているような、強弱のムラのある風を出すモードです。

常に一定の風が出るのとくらべると、自然で心地よいです。

つまり、扇風機としても使う方にぴったりです。

どっちを選ぶのが正解?

この2つは

  • 性質(使い方)がまったく異なる
  • 実売価格はKCF-SDS151Tの方がだいぶ高い
なので、↓の基準で選ばれるのをおすすめします。

価格重視・連続風のみでOKの方⇒安く購入できるPCF-SDS15T

扇風機としても使う方⇒リズムモード有りのPCF-SDS15T

強制攪拌で快適な空気&節電したい方⇒KCF-SDS151T

もし通販で購入されるなら、これを書いている時点では、それぞれ↓のリンク先が最安値です。

楽天市場IRIS サーキュレーターアイ KCF-SDS151T

Amazonアイリスオーヤマ PCF-SDC15T