ブラザーMFC-J739DNとMFC-J939DNの違いは7つ!違いをシンプルに解説

ブラザーMFC-J739DN
この記事では、ブラザーの電話・FAXつき複合機プリンタ『MFC-J739DN』『MFC-J939DNの違い・選び方などをご紹介しますね。

MFC-J739DNとMFC-J939DNの7つの違い

人差し指を立てた女性
どちらも2021年11月に発売されたモデルで、MFC-J939DNが上位モデルになります。

最初に違いを比較した表をご紹介して、その後に一つずつ説明しますね。

  MFC-J739DNMFC-J939DN
印刷速度A4カラー9.5枚/分16.5枚/分
A4モノクロ17枚/分←同じ
L判写真28秒14秒
ファーストプリントA4カラー9.5秒6.5秒
A4モノクロ6.0秒←同じ
ADF×
自動両面印刷×
レーベル印刷×
ダイレクト印刷
対応メディア
SDカードSDカード、
USBメモリ
接続方法USB2.0、
無線LAN
USB2.0、
無線LAN、
有線LAN

そのほかの項目については、印刷コストも含めて共通です。

1・2:印刷速度・ファーストプリント

モノクロは、印刷速度・ファーストプリントともに同じです。

カラー・写真は、MFC-J939DNの方が圧倒的に速いです。

ファーストプリント:印刷開始~1枚目完了までの時間

3・4・5:ADF・自動両面印刷・レーベル印刷

3つとも、MFC-J939DNだけの機能です。

ADF:複数枚の原稿を自動で読み取る機能

自動両面印刷:自動で両面印刷ができる機能

レーベル印刷:CD-RやDVD-Rなどに印刷できる機能

6:ダイレクト印刷の対応メディア

739はSDカードだけですが、939はUSBメモリにも対応しています。

ダイレクト印刷:PC・スマホなどを介さず、SDカードなどのファイルを直接プリンタで印刷する機能

7:接続方法

739はUSBと無線LANだけ939は有線LANにも対応しています。

USB接続:配線が必要。通信が安定。同時に1台しか接続できない

無線LAN接続:配線不要。通信は電波状況に影響される。複数台から使える

有線LAN接続:配線が必要。通信が安定。複数台から使える

補足

そのほか、サイズ・重量も異なります。

MFC-J739DN:400x151x343mm、6.8kg

MFC-J939DN:400x172x341mm、8.4kg

どっちを選ぶのが正解?

比較
選ぶ基準は

  • カラー・写真の印刷速度
  • ADF・自動両面印刷・レーベル印刷
  • 接続方法
  • 本体価格
になると思います。

実売価格は、これを書いている時点では、939の方が9千円くらい高いです。

そのため、↓の基準で選ばれるのをおすすめします。

カラー・写真の印刷が多い方⇒939

ADF・自動両面印刷・レーベル印刷が必要な方⇒939

有線LANで接続する方⇒939

上記以外の方⇒739

ちなみに通販サイトのランキングでは、739の方が人気です。

もし通販で購入されるなら、これを書いている時点では、どちらも楽天が一番安いです。

楽天市場brother A4インクジェット複合機 MFC-J739DN

楽天市場brother A4インクジェットFAX複合機 PRIVIO MFC-J939DN

Amazonブラザー MFC-J739DN

Amazonブラザー MFC-J939DN