シャープ KC-N50とKI-NS50の違いは7つ!違いをシンプルに解説

シャープ KC-N50
この記事では、シャープのプラズマクラスター加湿空気清浄機『KC-N50』と『KI-NS50』の違い・選び方などご紹介しますね。

最初にざっくりしたイメージをご紹介しておくと、

KI-NS50の方が、空気清浄も加湿も、全面的に高性能。でも値段が高い
となっています。

KC-N50とKI-NS50の7つの違い

人差し指を立てた女性
いきなり答えになってしまいますが、どちらも2020年に発売されたモデルで、違いは↓の7つです。

  1. プラズマクラスター
  2. 加湿能力
  3. 表示項目
  4. チャイルドロック
  5. キャスター
  6. サイズ
  7. 重量
※その他、「動作音の大きさ」「電気代」なども、わずかに異なります。

違いを比較した表の後に、一つずつ説明しますね。

  KC-N50KI-NS50
プラズマクラスター700025000
加湿能力最大500mL/h最大600mL/h
適用床面積
(目安)
空気清浄23畳まで←同じ
加湿空気清浄15畳まで16畳まで
表示きれいモニター、
3段階湿度モニター
きれいモニター、
温度・湿度・電気代
(デジタル)
チャイルドロック×
キャスター×
サイズ399x613x230mm384x619x230mm
重量7.5kg7.9kg

1:プラズマクラスター

7000より25000の方がプラズマクラスターのイオン濃度が高く、濃度が高いほど

  • 部屋干し衣類の生乾き臭
  • 除電
  • 浮遊菌・浮遊アレル物質
  • 肌のハリ・ツヤ・キメ
などに効果的だとされています。

補足:プラズマクラスターの交換について

プラズマクラスターには寿命があって、1日24時間×2年間が目安です。

KC-N50はプラズマクラスターユニットの交換不可ですが、KC-NS50は交換可能です。

(交換ユニットは2,800円程度で、自分で交換できます)

2:加湿能力

加湿能力にも差があるため、適用面積が異なります。

高いに越したことはないですが、劇的な差ではありません
(最大500mL/hと600mL/h)

3:表示

KC-N50は3段階の湿度表示ですが、KI-NS50はデジタル数値で温度・湿度・電気代を表示してくれます。

ただ、正直なところ、「別に合ってもなくても……」な機能です。

4・5・6・7:チャイルドロック・キャスター・サイズ・重量

どちらも7kg以上あるので、持ち上げるのは大変です。

KI-NS50にはキャスターがあるので、楽に移動できます。

どっちを選ぶのが正解?

比較
選ぶ基準は

  • 部屋の広さ(加湿能力)
  • プラズマクラスターの性能と寿命
  • 頻繁に移動させるか
  • 本体価格
になると思います。

実売価格は、KI-NS50の方が2倍近く高いです。

そのため、↓の基準で選ばれるのをおすすめします。

15畳より広い部屋を加湿される方⇒16畳まで対応のKI-NS50

プラズマクラスターの効果が高い方がいい方⇒25000のKI-NS50

毎日長時間使い続ける方⇒プラズマクラスターが交換可能なKI-NS50

頻繁に移動させる方⇒キャスター付きのKI-NS50

上記以外の方⇒安く購入できるKC-N50

ちなみに通販サイトのランキングでは、KC-N50の方が人気です。

もし通販で購入されるなら、それぞれ下記リンク先が一番安いです。

Amazonシャープ KI-NS50

楽天市場SHARP 加湿空気清浄機 KC-N50