アイリスオーヤマ RCA-6500とDCE-6515の違いは?どっちを選ぶのが正解?

アイリスオーヤマ RCA-6500
アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機は、いくつか発売されていますね。
そのため、「RCA-6500とDCE-6515は何が違うの?どっちを選べばいいの?」と戸惑われた方も多いと思います。

この記事では、『RCA-6500』と『DCE-6515』の違いや価格情報、口コミなどをご紹介しますね。

『RCA-6500』と『DCE-6515』の違いは?

どちらも2016年2月に発売されたモデルですが、『RCA-6500』は販売終了品で、購入できるのは現在流通している分だけです。

違いは、まったくありません

性能・機能・デザインなど、すべて同じです。

完全に私の憶測ですが、流通経路の違い(家電量販店向けやネット通販向けなど)で型番が異なるのではないでしょうか。
(そういうケースはよくあります)

どっちを選ぶのが正解?

価格的には、DCE-6515の方がだいぶ安いです。

そのため、『RCA-6500』を選ぶメリットはなく、『DCE-6515』の方がおすすめです。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ
Amazonアイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 DCE-6515

楽天市場IRIS 除湿機 RCA-6500

『DCE-6515』の価格情報!最安値は楽天?Amazon?

「どこが最安値なのかな?」と思って、いろんな通販サイトで価格を調べてみました。

その結果、最安値はAmazonでした。

Amazonアイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 DCE-6515

安いだけでなく、送料無料なのも嬉しいです。

ちなみに楽天の場合だと、
楽天市場IRIS 除湿機 DCE-6515
という状況になっています。

『DCE-6515』の辛口レビュー・口コミ

◆口コミレビュー・その1(匿名の男性)
「一人暮らしの8畳で使っています。

広いリビングには良いと思いますが、家具の多い一人暮らしの部屋では効率が悪そう。

また、音がけっこう大きいので、つけたまま寝るのは厳しいです。
そのせいで、結局部屋干しはできません……」

◆口コミレビュー・その2(匿名の女性)
「音は気になるほどではないし、タイマーが付いてい便利。

でも、洗濯物がもっとカラッと乾燥するのを期待していたのですが、ときどき乾いていない物もあります。

また、風の吹き出し口が自動でスイングすればもっと良かったのに、と思います」

◆口コミレビュー・その3(40代の男性)
「湿気が多くてカビだらけになったので購入しました。

運転音は気になりません。

除湿能力も頼もしくて、すごい勢いで水が溜まっていきます。
部屋が本当にカラッとなりました。

お手頃な価格だし、満足しています」

◆口コミレビュー・その4(40代の女性)
「10畳の閉め切った部屋で使っています。

4時間タイマーで扇風機と併用すると、洗濯物はほぼ乾きます。

音はちょっと大きいかな?リビングでは使いたくないです」

◆口コミレビュー・その5(匿名の男性)
「部屋干しに大活躍してくれています。

音が気になる事もなく、私も妻も普通に眠れています。

家族3人分の洗濯物を干しておくと、一晩でちょうど水タンクが満タンになります。

私は平気ですが、妻は持ち運びが重いそうです。

とくに気になる不満点のない、良い製品だと思います」

電気代はどれくらい?

除湿機は長時間使うものだから、電気代が気になりますよね。

『DCE-6515』の電気代の目安は、約5円/1時間です。

そのため、1日8時間使ったとすると、

  • 約40円/日
  • 約1,200円/日

という計算になります。

電気代を気にせず使いまくれるような数値ではないですね……。

でも、同価格帯の他社製よりは低い数字だし、デシカント式よりはだいぶ安いです。

(上記の数値は、1kWh=27円で計算した場合です。実際の数値は、各ご家庭によって異なります)

主なスペック

サイズ:290x477x190mm
重量:約9.3㎏
消費電力:155W
方式:コンプレッサ-式
除湿能力:木造7畳、鉄筋14畳
タンク容量:1.8L
1日あたりの除湿能力:5.5L
その他:切りタイマー(2・4・8時間)

まとめ

『RCA-6500』と『DCE-6515』には、違いはありません。

『RCA-6500』は販売終了していて、購入できるのは現在流通している分だけです。

価格は、『RCA-6500』の方がだいぶ高いです。

そのため、『RCA-6500』を選ぶメリットはないので、『DCE-6515』の方がおすすめです。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ
Amazonアイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 DCE-6515