シャープ KI-PS40とKI-PS50の違いは9つ!違い・選び方を簡潔に解説

シャープ KI-PS40とKI-PS50
この記事では、シャープの加湿空気清浄機『KI-PS40』と『KI-PS50』の違い・選び方などをご紹介しますね。

KI-PS40とKI-PS50の9つの違い

人差し指を立てた女性
どちらも2021年12月に発売されたモデルで、違いは↓の9つです。

  1. 部屋の広さの目安
  2. 脱臭・集じんフィルタ
  3. 湿度などの表示
  4. ルーバーの有無
  5. キャスタの有無
  6. チャイルドロック
  7. 給水方法
  8. 付属品(使い捨てプレフィルタ)
  9. サイズ・重量

1:適用床面積の目安

機種選びの際、最優先するべき項目です。

加湿・風量が異なるため、適している広さが違います。

 KI-PS40KI-PS50
加湿木造~7畳~10畳
プレハブ洋室~12畳~17畳
空気清浄~18畳2~3畳
加湿空気清浄~18畳~16畳

実売価格にかなりの差がある(これを書いている時点では、KI-PS40の方がだいぶ安い)ので、↓の基準で選ばれるのをおすすめします。

木造7畳・洋室12畳以上をしっかり加湿したい方⇒しっかり加湿できるKI-PS50
木造7畳・洋室12畳以上だけど「加湿はそこそこでいい」という方KI-PS40
木造7畳・洋室12畳までの方⇒加湿も空気清浄もじゅうぶんなスペックのKI-PS40

もし通販で購入されるなら、これを書いている時点では、それぞれ下記リンク先が安いです。

楽天市場SHARP KI-PS40

Amazonシャープ KI-PS50

2~9:フィルタなど、その他の項目

 KI-PS40KI-PS50
フィルタ集じん・脱臭一体型フィルタ静電HEPAフィルタ、
ダブル脱臭フィルタ
表示湿度(3段階)湿度、
室温、
電気代
(数字)
ルーバー前後
(前は可動)
なし
キャスター×
チャイルドロック×
使い捨て
プレフィルター
別売り3枚付属
給水方法トレータンク
サイズ
(幅x高さx奥行mm)
280x622x260384x619x230
重量6.7kg7.9kg

脱臭・集じんフィルタ

KI-PS50の方が、高性能なフィルタです(大きな性能差はありませんが……)

また、フィルタ交換時期の目安は、KI-PS40が2年KI-PS50が10年です。

(KI-PS40の交換用フィルタの実売価格は2千数百円くらいです)

ルーバー

KI-PS40は前後にルーバーがあって、前のルーバーを動かして風向きを調整できます。(後ろのルーバーは不可)

KI-PS50にはルーバーがなく、風向きの調整はできません。

付属品(使い捨てプレフィルター)

吸気部分は月1回を目安にお手入れ(掃除機で吸う)が必要です。

KI-PS50には『使い捨てプレフィルタ』が3枚付属していて、これを取り付けておけば、「汚れが溜まったら外して捨てるだけ」で済むのでお手軽です。

KI-PS40の場合も、別売り品を購入すれば使えます。

給水方法

KI-PS40:持ち運ぶと水をこぼしやすいトレータイプ(本体にセットしたままヤカンなどで給水する方が無難です)
KI-PS50:こぼれる心配のないタンクタイプ

KI-PS40とKI-PS50の違いまとめ

違いは

  1. 部屋の広さの目安
  2. 脱臭・集じんフィルタ
  3. 湿度などの表示
  4. ルーバーの有無
  5. キャスタの有無
  6. チャイルドロック
  7. 給水方法
  8. 付属品(使い捨てプレフィルタ)
  9. サイズ・重量
の9つですが、使う部屋の広さに合わせて選ばれるのをおすすめします。

木造7畳・洋室12畳以上をしっかり加湿したい方⇒しっかり加湿できるKI-PS50
木造7畳・洋室12畳以上だけど「加湿はそこそこでいい」という方KI-PS40
木造7畳・洋室12畳までの方⇒加湿も空気清浄もじゅうぶんなスペックのKI-PS40

もし通販で購入されるなら、これを書いている時点では、それぞれ下記リンク先が安いです。

楽天市場SHARP KI-PS40

Amazonシャープ KI-PS50