コロナ FH-ST3618BYとFH-ST3617BY、FH-ST36BYAの違いは?どれを選ぶのが正解?

コロナ FH-ST3618BY
コロナの石油ファンヒーターは、定番中の定番といった感じの存在ですよね。

でも似たような型番がたくさんあるから、「違いはなに?」と思われた方も多いと思います。

この記事では、FH-ST3618BYとFH-ST3617BY、FH-ST36BYAの違いや口コミ、価格情報などをご紹介しますね。

コロナ FH-ST3618BYとFH-ST3617BY、FH-ST36BYAの違いは?

まず、この3つの発売日は
FH-ST3617BY:2017年8月15日
FH-ST36BYA:2017年
FH-ST3618BY:2018年8月3日
となっています。

そして、違いはありません。

機能・性能・サイズ・デザインなど、まったく同じです。

FH-ST3617BY:2017年モデル
FH-ST36BYA:FH-ST3617BYの同等品
FH-ST3618BY:2018年モデル
という位置づけになっています。

おそらくですが、FH-ST3617BYとFH-ST36BYAは、販売ルートの違いによって型番が異なっているのだと思います。
(家電ではよくあるパターンです)

どれを選ぶのが正解?

型番が違うだけで同じ製品なので、選ぶ基準は

  • 最新モデルであることにこだわるか?
  • 価格

の2つになると思います。

実売価格は
(安い)FH-ST3618BY<FH-ST3617BY<FH-ST36BYA(高い)
となっています。

そのため、一番安く購入できて最新モデルのFH-ST3618BYがおすすめです。

通販サイトのランキングでも、FH-ST3618BYが一番人気です。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ(それぞれの最安値は、下記リンク先のショップです)
楽天市場【送料無料】コロナ FH-ST3617BY-W パールホワイト [石油ファンヒー…

Amazonコロナ 石油ファンヒーター FH-ST36BYA

楽天市場コロナ 石油ファンヒーター(木造10畳/コンクリート13畳まで)【暖房器具】CORONA パールホワイト FH-ST3618BY-W

コロナ『FH-ST3618BY』『FH-ST3617BY』『FH-ST36BYA』の本音の口コミ・レビュー

機能・性能などに違いはないので、3機種まとめてご紹介しますね。

◆口コミ・レビューその1(匿名の男性)
「液晶にバックライトがありません。
照明をつけるよりも先に電源を入れたい時、すごく不便です」

◆口コミ・レビューその2(匿名の男性)
「消灯のアラームがうるさいです。

ピー!ピー!という高音が、15分前、10分前、3分前、消灯時の4回も鳴ります。

暖かさや省エネ、静音性など、その他の点は文句なしです」

◆口コミ・レビューその3(匿名の男性)
「タンクの容量が大きいから、給油頻度が少なくてすみます。

もちろん満タンにすると、それなりに重くなってしまいますが」

◆口コミ・レビューその4(匿名の男性)
「デザイン、暖房能力、使いやすさなど、満足です。

給油もしやすいです」

◆口コミ・レビューその5(匿名の男性)
「バックライト機能がないので、暗い部屋で使いにくいです。

操作はシンプルで、ボタンも大きいので使いやすいです。

火力は3段階あって、強だとかなりパワフルです。
弱は、ついてないのかと思うくらいの大人しさ。

強の時はそれなりに音がしますが、気になるほどではないです。
弱だと、ほんとに静かです。

秒速点火なら約7秒ですが、通常点火でも75秒程度なので、寒い朝に助かります」

コロナ『FH-ST3618BY』の価格情報!最安値は楽天?Amazon?

「どこが最安値なのかな?」と思って、いろんな通販サイトで価格を調べてみました。

その結果、最安値は楽天の下記リンク先のショップでした。

楽天市場コロナ 石油ファンヒーター(木造10畳/コンクリート13畳まで)【暖房器具】CORONA パールホワイト FH-ST3618BY-W

安いだけでなく、送料無料なのもうれしいです。

ちなみにAmazonの場合だと、
Amazonコロナ 石油ファンヒーター FH-ST3618BY-W
という状況になっています。

電気代はどれくらい?

石油ファンヒーターって、灯油代だけじゃなくて電気代も気になりますよね。

おおよそどれくらいになりそうか、試算してみました。
(『FH-ST3618BY』『FH-ST3617BY』『FH-ST36BYA』の3機種共通です)

運転時の電気代

運転時の消費電力は、10~22Wです。

仮にずっと強だったとすると、
1時間あたり:約0.6円/時間
8時間あたり:約4.8円/日
8時間×30日:約142.6円/月
となります。

ecoモードもありますし、ずっと強で動きっぱなしというケースは少ないと思うので、電気代はあまり気にせずに使えそうですね。

秒速点火の電気代

秒速点火というのは、通常だと点火に約75秒かかるところを、約7秒で点火できる機能です。

秒速点火には予熱が必要で、「秒速点火ON」の状態の場合、消費電力は平均80Wです。

80Wだと、電気代は約2.2円/時間になります。

(上記の数値は、1kWh=27円で計算した場合です。実際の値は、各ご家庭によって異なります)

主な仕様

『FH-ST3618BY』『FH-ST3617BY』『FH-ST36BYA』の3機種共通です。

サイズ:442x426x334mm
重量:11.2kg
暖房の目安:木造10畳まで コンクリート13畳まで
暖房出力:3.60-0.59kW
消費電力:点火時=650W、燃焼時(強~弱)=22~10W、待機時=0.8W

まとめ

『FH-ST3618BY』『FH-ST3617BY』『FH-ST36BYA』の3機種は、機能・性能・デザインなどに違いはありません。

そのため、最新モデルで一番安く購入できるFH-ST3618BYがおすすめです。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ
楽天市場コロナ 石油ファンヒーター(木造10畳/コンクリート13畳まで)【暖房器具】CORONA パールホワイト FH-ST3618BY-W