日立 PV-BD200とPV-BE200の違いは?どっちを選ぶのが正解?

日立 PV-BD200
日立のスティッククリーナーは、定番的な存在ですよね。

でも型番がいくつもあるから、「違いはなに?」と戸惑われた方もいらっしゃると思います。

この記事では、PV-BD200とPV-ED200の違いや口コミ、価格情報などをご紹介しますね。

日立 PV-BD200とPV-BE200の違いは?

まず、この2つの発売日は
PV-BD200:2016年11月
PV-BE200:2018年3月
となっています。

そして、

違いは外観(色使い)だけ
です。

その他の機能・性能・サイズ・重量などに違いはありません。

家電でよくある、「本来の機能に関係ない部分がほんのちょっと変わっただけで新製品扱い」というパターンです……。

↓の画像は、色使いの比較です。
BDは同系色でまとめられていますが、BEでは黒が取り入れられています。
PV-BD200とPV-BE200の比較

どっちを選ぶのが正解?

違いは外観だけなので、選ぶ基準は価格になると思います。

実売価格は、安い順に

  1. PV-BD200(シャンパンゴールド)
  2. PV-BE200(シャンパンゴールド・パールレッド)
  3. PV-BD200(パールレッド)
となっています。

そのため、一番安く購入できるPV-BD200(シャンパンゴールド)がおすすめです。

通販サイトのランキングでも、PV-BD200の方が人気です。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ(それぞれの最安値は、下記リンク先のショップです)
Amazon日立 PV-BD200 シャンパンゴールド

楽天市場PV-BD200-R 日立 掃除機 スティッククリーナー コードレス式(パールレッド)

楽天市場日立(HITACHI) スティック掃除機 PV-BE200 シャンパンゴールド

楽天市場日立(HITACHI) スティック掃除機 PV-BE200 パールレッド

『PV-BD200』と『PV-BE200』の本音の口コミ・レビュー

この2つは外観がほんのちょっと違うだけなので、まとめてご紹介しますね。

◆口コミ・レビューその1(匿名の男性)
「まず、吸引力が弱いです。
あまりに吸わないので、手でゴミを拾うこともあるくらいです。

また、バッテリーが1年くらいでヘタりました。
充電直後でも1分で電池切れのランプ点灯……」

◆口コミ・レビューその2(匿名の男性)
「引力が弱いし、充電も10分弱くらいしか持ちません。

ゴミ収集部分が大きいせいで、ベッドの下などの隙間に入れにくい。入らないです」

◆口コミ・レビューその3(匿名の男性)
「軽いから気軽に使えて、音も気になるほどではありません。

猫が2匹いるのですが、猫の毛もよく吸ってくれます。

いろんなパーツを水洗いできるのも便利です」

◆口コミ・レビューその4(匿名の女性)
「すぐにサっと使えて便利です。

吸引力もあるし、自走式ヘッドなので軽々使えます」

◆口コミ・レビューその5(匿名の女性)
「吸引力も充電の持ちも十分で、掃除するのが楽しくなりました。

もっと早く買えばよかった、と思っています」

そのほか、
「バッテリーが充電できなくなった」
という意見もけっこう目につきました。

『PV-BD200』の価格情報!最安値は楽天?Amazon?

ショッピングカート
「どこが最安値なのかな?」と思って、いろんな通販サイトで価格を調べてみました。

その結果、最安値は下記リンク先のショップでした。

シャンパンゴールドAmazon日立 PV-BD200 シャンパンゴールド

パールレッド楽天市場PV-BD200-R 日立 掃除機 スティッククリーナー コードレス式

どちらの色も送料無料です。

ただし、色によって価格に差があって、パールレッドはシャンパンゴールドよりかなり高いです。

『PV-BE200』の価格情報!最安値はこちら

ショッピングカート
PV-BE200の最安値は、楽天の下記リンク先のショップでした。

楽天市場日立(HITACHI) スティック掃除機 PV-BE200 シャンパンゴールド

楽天市場日立(HITACHI) スティック掃除機 PV-BE200 パールレッド

どちらも同じ価格・送料無料です。

ちなみにAmazonの場合だと
Amazon日立 PV-BE200 シャンパンゴールド

Amazon日立 PV-BE200 パールレッド
という状況になっています。

音はどんな感じ?

音については、動画の方がわかりやすいですよね。

↓の動画は、PV-BD200を開封~実際に使用している様子です。
8分8秒くらいから、動作音を確認できます。

主な仕様

仕様
PV-BD200とPV-BE200共通です。

サイズ:110×27×17cm
重量:2.8kg(本体・ヘッドの合計)
集じん容積:0.25L
充電時間:約4時間
最長運転時間:標準=40分、強=13分
吸い込み仕事率:非公開
コードの長さ:1.2m

まとめ

日立のスティッククリーナーPV-BD200とPV-BE200の違いは、外観(色使い)だけです。

機能・性能・サイズ・重量などに違いはありません。

そのため、一番安く購入できるPV-BD200(シャンパンゴールド)がおすすめです。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ
Amazon日立 PV-BD200 シャンパンゴールド