日立 CV-SD300とCV-SE300、CV-SF300の違いは?どれを選ぶのが正解?

日立 CV-SD300
日立の『パワーブーストサイクロン』シリーズは、定番的な人気ですよね。

でも毎年新製品が発売されるから、「違いはなに?」と戸惑われた方も多いと思います。

この記事では、CV-SD300とCV-SE300、CV-SF300の違いや口コミ、価格情報などをご紹介しますね。

日立 CV-SD300とCV-SE300、CV-SF300の違いは?

まず、この3つの発売日は
CV-SD300:2016年7月23日
CV-SE300:2017年8月5日
CV-SF300:2018年7月21日
となっています。

そして、違い

  • ヘッド
  • ホース・ヘッド重量
  • 吸込仕事率
  • 付属品
の4点です。

最初に違いを比較した表をご紹介して、その後に一つずつご紹介しますね。

 SD300SE300SF300
ヘッドジェット吸引スマートヘッドパワフルスマートヘッド新パワフルスマートヘッド
全体重量5.1kg5.1kg5.0kg
吸込仕事率410W410W400W
継手ノズル付属付属なし

ヘッド

CV-SD300:ジェット吸引スマートヘッド
CV-SE300:パワフルスマートヘッド
CV-SF300:新パワフルスマートヘッド

パワフルスマートヘッドは、ヘッドの押し引きにあわせて、ヘッド内の圧力を調整してくれます。

そのおかげで

  • 押した時も引いた時も、軽い操作でゴミをよく吸う
  • 張りつきにくい
を実現しています。

CV-SF300ではさらに改良され、ゴミをもっとよく吸ってくれるようになりました。

ホース・ヘッド重量

CV-SF300ではホースとヘッドが軽量化され、100g軽くなっています。

それにともない、CV-SF300のホースは従来よりも細くなっています。

吸込仕事率

CV-SD300:410W
CV-SE300:410W
CV-SF300:400W

数値としては、CV-SF300の吸込仕事率は10W低下しています。

おそらく、ホースが細くなった事が関係していると思われます。

実用上の使用感
CV-SF300の方がよく吸う
という意見が多いです。

付属品

CV-SF300には、別売りの「電動ふとん吸口」を接続するアタッチメントが付属していません。
(数百円で購入可能です)

また、CV-SD300とCVSE300では別々だった「パッとブラシ」と「すき間用吸口」が、CV-SF300では一体型になっています。

そのため、付属品の数は減っていますが、機能は同じです。

どれを選ぶのが正解?

重量の差はわずかなので、選ぶ基準は

  • 実用上の吸引力
  • 価格
になると思います。

実売価格は

(安い)SD<SE<SF(高い)
となっていて、それぞれの価格差はかなり大きいです。

そのため、

価格重視⇒SD300
吸引力重視⇒SF300
がおすすめです。

通販サイトのランキングでは、SD300が一番人気です。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ(3機種とも、最安値はAmazonです)
Amazon日立 サイクロ CV-SD300

Amazon日立 サイクロ CV-SE300

Amazon日立 サイクロ CV-SF300

『CV-SF300』の本音の口コミ・レビュー

口コミ・レビュー
本当はネガティブな意見もたくさんご紹介したかったのですが、まだ口コミが少なく、高評価の意見しか見当たりませんでした。

ネガティブな意見も集まり次第、追記していきますね。

◆口コミ・レビューその1(匿名の男性)
「流行りの充電式と違って、バッテリーを気にしなくて済むのは快適ですね。

本体もホース・ヘッドもすごく軽量で、軽々と掃除できます。

吸引力もすごくて、絨毯に絡まった糸クズなども吸い取ってくれます。

排気される空気もキレイで気持ちがいいです。

ゴミ捨てもワンタッチで楽です」

◆口コミ・レビューその2(50代の女性)
「ホースやパイプが細身でヘッドも軽いので、楽に扱えます。

ダストケース・フィルターを丸ごと洗える、回転ブラシも水洗いOKというのもうれしいです」

◆口コミ・レビューその3(50代の女性)
「吸引力がすごいし、直角に曲がったりして、使い勝手がよいです。

音も静かなほうだと思います」

『CV-SF300』の価格情報!最安値は楽天?Amazon?

ショッピングカート
「どこが最安値なのかな?」と思って、いろんな通販サイトで価格を調べてみました。

その結果、最安値はAmazonでした。

Amazon日立 サイクロ CV-SF300

安いだけでなく、送料無料なのもうれしいです。

ちなみに楽天の場合だと、
楽天市場HITACHI サイクロン式掃除機 シャンパンゴールド CV-SF300
という状況になっています。

『CV-SE300』の本音の口コミ・レビュー

口コミ・レビュー

◆口コミ・レビューその1(匿名の男性)
「さすが日立、といった感じの強い吸引力。

絨毯にからまった犬の毛も、ガンガン吸ってくれます。

音も、サイクロンの中では静かなほうです。

ただ、それなりに重い(総重量5.1kg)なので、階段などの掃除はちょっと大変です」

◆口コミ・レビューその2(匿名の男性)
「吸引力が強くて、運転音は静かです。

ただ、ヘッドがちょっと大きくて、取り回しが不便だと感じることがあります」

◆口コミ・レビューその3(匿名の男性)
「以前は、紙パックで吸込仕事率が倍くらいのを使っていました。

そちらと比べても、吸引力はまったく問題なしです。

排気のニオイもありません。

ゴミ捨ても楽だし、フィルター掃除も面倒には感じません。

音も静かです」

◆口コミ・レビューその4(匿名の男性)
「吸引力があって、軽くて、排気も臭くない。

音も、通常モードなら夜でも気になりません」

◆口コミ・レビューその5(匿名の男性)
「ライトがついているので、すごく掃除しやすいです。

ゴミ捨ても楽です」

『CV-SE300』の価格情報!最安値はこちら

ショッピングカート
CV-SE300の最安値も、Amazonでした。

Amazon日立 サイクロ CV-SE300

安いだけでなく、送料無料なのもうれしいです。

ちなみに楽天の場合だと、
楽天市場日立 サイクロン式キャニスター掃除機 パワーブーストサイクロン CV-SE300
という状況になっています。

『CV-SD300』の本音の口コミ・レビュー

口コミ・レビュー

◆口コミ・レビューその1(匿名の女性)
「某D社製品からの買い替えです。

ヘッドが大きすぎ&重いです。

”ぱっとブラシ”は便利ですが、すぐ外れるのでストレスです。

ホースと本体の接続部分が動かない(手で動かせる)ので、ホースが捻じれてしまい、いちいち直しながら使うのが面倒です。

音は、静かです」

◆口コミ・レビューその2(匿名の女性)
「自走式ヘッドだそうですが、カーペットの時は片手では無理です。
両手を使っています」

◆口コミ・レビューその3(匿名の男性)
「コードレスのスティック型と比べて、”しっかり掃除した感”はレベルが違いますね。

吸引力も使いやすさも、文句なしです」

◆口コミ・レビューその4(匿名の男性)
「吸引力が強くて、音が静かです。
夜中のマンションでも気にせず使えています。

ゴミ捨ては簡単で、重さが気になることもありません。

コードも長めなので、掃除中に他のコンセントにつなぎなおす必要なしです」

◆口コミ・レビューその5(匿名の男性)
「某国内メーカ品からの買い替えです。

音はほんの少し大きくなりましたが、夜中でも問題ないレベルです。

吸引力も強くて、すごくコスパの良い製品です」

『CV-SD300』の価格情報!最安値はこちら

ショッピングカート
CV-SD300の最安値も、Amazonでした。

Amazon日立 サイクロ CV-SD300

安いだけでなく、送料無料なのもうれしいです。

ちなみに楽天の場合だと、
楽天市場HITACHI サイクロン式クリーナー パワーブーストサイクロン CV-SD300-N シャンパンゴールド
という状況になっています。

主な仕様

仕様
CV-SD300・CV-SE300・CV-SF300共通です。

サイズ:240x290x336mm
本体重量:3.5kg
全体重量:5.1kg(SF300は5.0kg)
集塵容量:0.4L
吸込仕事率:410W(SF300は400W)
騒音値:52~57dB

まとめ

日立 CV-SD300とCV-SE300、CV-SF300の違いは、

  • ヘッド
  • ホース・ヘッド重量
  • 吸込仕事率
  • 付属品
の4点です。

実用上の吸引力は

(低い)SD<SE<SF(高い)
となっています。

また、実売価格は

(安い)SD<SE<SF(高い)
となっていて、それぞれの価格差はかなり大きいです。

そのため、

価格重視⇒SD300
吸引力重視⇒SF300
がおすすめです。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ
Amazon日立 サイクロ CV-SD300

Amazon日立 サイクロ CV-SE300

Amazon日立 サイクロ CV-SF300