ダイキン 加湿空気清浄機 MCK55VとMCK55Wの違いは?どっちを選ぶのが正解?

ダイキン 加湿空気清浄機 MCK55V
ダイキンの加湿空気清浄機は、定番人気ですよね。

でも次々に新製品が発売されるから、「違いはなに?」と戸惑われた方も多いと思います。

この記事では、MCK55VMCK55Wの違いや口コミ、価格情報などをご紹介しますね。

ダイキン 空気清浄機 MCK55VとMCK55Wの違いは?

疑問に思う女性
まず、この2つの発売日は

MCK55V:2018年9月20日
MCK55W:2019年9月
です。

そして、

エクスクラメーションマーク違いはカラーバリエーションだけ
です。

機能・性能・サイズ・重量などはすべて同じで、違いはありません。

MCK55V:ホワイト、ディープブラウン、ソライロ
MCK55W:ホワイト、ディープブラウン、ダークグレー

どっちを選ぶのが正解?

比較
選ぶ基準は

  • 本体カラー
  • 価格
になると思います。

実売価格はMCK55Vの方がだいぶ安いです。

そのため、「どうしてもダークグレーが欲しい!」という事でなければ、安く購入できるMCK55Vがおすすめです。

通販サイトのランキングでも、MCK55Vの方が人気です。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ(どちらも、最安値はAmazonです)
Amazonダイキン MCK55V

Amazonダイキン MCK55W

ダイキン MCK55VとMCK55Wの本音の口コミ・レビュー

この2つは本体カラーのバリエーションが違うだけなので、まとめてご紹介しますね。

悪い口コミ

悪い口コミ

スイッチを押すとグラグラ
◆口コミ・レビューその1(匿名の男性)
「本体の運転スイッチや加湿スイッチを押すと、操作/表示パネルがグラグラします。

不良品ではなく、そういう仕様だそうです」

ニオイによって得手・不得手がありそう
◆口コミ・レビューその2(匿名の男性)
「部屋の男臭さを改善したくて購入しました。

でも男臭さは、やっぱり気になるレベルで残っています。

ほかのニオイやPM2.5などには、しっかり働いてくれています」

良い口コミ

良い口コミ

ペットのニオイにも◎
◆口コミ・レビューその3(匿名の女性)
「ペットを多頭飼いしていますが、ペット臭をしっかり消臭してくれます。

ニオイだけでなく、空気の清涼感もUPします。

鼻・喉・お肌の潤いにも効果を実感できています。

ときどきクリーニング作業が必要ですが、私の場合はたいした手間には感じません」

音が静か
◆口コミ・レビューその4(匿名の男性)
「スタイリッシュなデザインで、置き場所にも困りません。

音も気になりません。

センサーの反応もいいです」

ホコリに◎
◆口コミ・レビューその5(匿名の男性)
「こちらを使っている部屋・使っていない部屋で、ホコリの溜まる量があきらかに違います。

コンパクトで、狭い場所でも置けるのもうれしいです」

口コミまとめ

CHECK!!悪い意見
  • スイッチを押すとグラグラする
  • ニオイによって得手・不得手がある
CHECK!!良い意見
  • ペットの多頭飼いでも、消臭してくれる
  • 空気の清涼感UP
  • 喉・鼻・肌にうるおいを感じる
  • クリーニングは手間に感じない
  • 音が静か
  • ホコリが溜まる量が減った
引用元:Amazonカスタマーレビュー(ダイキン MCK55V)

ダイキン MCK55Vの価格情報。最安値は楽天?Amazon?

ショッピングカート
「どこが最安値なのかな?」と思って、いろんな通販サイトで価格をしらべてみました。

その結果、どのカラーも、最安値はAmazonでした。

Amazonダイキン MCK55V

安いだけでなく、送料無料なのもうれしいです。

ただし、本体カラーによって価格の差が大きくて、ホワイトが一番安いです。

ちなみに楽天の場合だと、
楽天市場ダイキン MCK55V
という状況になっています。

ダイキン MCK55Wの価格情報。最安値はこちら

ショッピングカート
どのカラーも、最安値はAmazonでした。

Amazonダイキン MCK55W

安いだけでなく、送料無料なのもうれしいです。

ただし、本体カラーによって価格にちょっとだけ差があって、ディープブラウンが一番安いです。

ちなみに楽天の場合だと、
楽天市場ダイキン MCK55W
という状況になっています。

電気代はどれくらいなの?

電気のアイコン
加湿空気清浄機は長時間使うものだから、電気代が気になりますよね。

なのでどれくらいになりそうか、試算してみました。

条件
  • 6畳の部屋で、1時間おきに10本のタバコを吸う
  • 空気清浄のみ
1時間あたりの電気代
自動運転:約0.46円
節電運転:約0.32円
1日10時間使った場合
自動運転:約4.6円
節電運転:約3.2円
1日10時間×30日使った場合
自動運転:約138円
節電運転:約96円
1日24時間使った場合
自動運転:約11円
節電運転:約7.7円
1日24時間×30日使った場合
自動運転:約331円
節電運転:約230円

電気代はあまり気にせずに使えそうですね。

※1:上記の数値は、電力料金の目安である1kwh=27円で計算した場合です。実際の数値は、各ご家庭によって異なります。

※2:加湿空気清浄の場合は、上記数値よりも少し高くなります。

主な仕様

仕様
MCK55VとMCK55W共通です。

サイズ:270x700x270mm
重量:9.5kg
最大風量:5.5m^3/min
センサー:ニオイセンサー/ホコリセンサー/温度センサー/湿度センサー
加湿方式:気化エレメント回転式・ダブルパスミキシング方式
水タンク容量:2.7L
加湿量:500mL/h
PM2.5対応:0.1~2.5μmの粒子を99%除去
リモコン:有り

交換用のフィルターなどの型番は?

消耗品の型番は、↓のとおりです。

交換用集塵フィルター:KAFP080B4(交換の目安:約10年間)
加湿フィルター:KNME080A4(交換の目安:約10年)
ストリーマユニット:BFE089A4(交換の目安:約10年)
バイオ抗体フィルター:KAF080A4(交換の目安:約1年)

キャスターはついてないの?

キャスターは付いていませんが、別売りされています。

型番は『KKS080B41』で、Amazonなどでも購入できます。

Amazonダイキン キャスターDAIKIN KKS080B41

音はどれくいなの?

騒音値の目安は、19~53dBとなっています。

ちなみに、騒音値の目安は↓のようになっています。

20dB:静か(ささやき、木の葉のふれあう音)
50dB:普通(家庭用クーラーの室外機、換気扇から1メートル離れた音)

まとめ

ダイキン 空気清浄機 MCK55VとMCK55Wは本体カラーのバリエーションが違うだけです。

機能・性能・サイズ・重量などの違いはなく、すべて同じです。

実売価格はMCK55Vの方がだいぶ安いので、「どうしてもダークグレーが欲しい!」という事でなければ、安く購入できるMCK55Vがおすすめです。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ
Amazonダイキン MCK55V

Amazonダイキン MCK55W