キヤノン XK500とTS8530の違いは3つ!違いをシンプルに解説

キヤノン XK500
この記事では、キヤノンの複合機・プリンタ『XK500』と『TS8530』の違い・選び方などをご紹介しますね。

XK500とTS8530の3つの違い

人差し指を立てた女性
いきなり答えになってしまいますが、違いは↓の3つです。

  1. 使用インク
  2. 印刷コスト
  3. 印刷スピード

違いを比較したのが↓の表です。

 XK500TS8530
発売日2022年3月2021年11月
インクXKI-N21、
XKI-N20
BCI-331、
BCI-330
インク容量標準のみ標準、
大容量
印刷コスト
(A4カラー)
約4.0円約12.2円
印刷コスト
(L判フチなし)
約10.8円
※用紙代込み
約22.1円
※用紙代込み
印刷速度
(A4モノクロ)
約4秒約4秒
印刷速度
(A4カラー)
約6秒約6秒
印刷速度
(L判フチなし)
約10秒約16秒
※TS8530の印刷コストは、大容量インク使用時の値。
※その他の項目は、すべて同じです。

ざっくり言うと、

XK500:本体価格は高いが、ランニングコストが安い。写真印刷が速い

TS8530:本体価格は安いが、ランニングコストが高い

となっています。

1・2:使用インクと印刷コスト

TS8530は大容量インクを使っても、印刷コストが高くつきます。

XK500は標準容量のインクしかありませんが、TS8530の3分の1以下です。

※どちらも独立6色の染料+顔料で、画質は同じです。

3:印刷速度

A4カラー・モノクロの印刷速度は同じです。

写真印刷は、XK500の方が速いです。

どっちを選ぶのが正解?

比較
選ぶ基準は

  • 印刷量
  • 写真をたくさん印刷するか
  • 価格
になると思います。

実売価格は、これを書いている時点では、XK500の方が1万4千円くらい高いです。

1万4千円の差を印刷コストで取り戻すには、約1700枚のA4カラー印刷が必要です。

そのため、↓の基準で選ばれるのをおすすめします。

印刷量が多い方⇒ラニングコストが安いXK500

写真の印刷が多い方⇒写真印刷が速いXK500

上記以外の方⇒本体価格が安いTS8530

通販サイトのランキングでは、TS8530の方が人気です。

もし通販で購入されるなら、これを書いている時点では、どちらも楽天が一番安いです。

楽天市場Canon PIXUS XK500

楽天市場キヤノン PIXUSTS8530

Amazonキヤノン PIXUS Xk500

Amazonキヤノン PIXUS TS8530