日立 MRO-W1YとMRO-W1Zの違いは4つ!どっちを選ぶのが正解?

日立 MRO-W1Y
この記事では、日立のオーブンレンジ『MRO-W1Y』と『MRO-W1Z』の違いや選び方などをご紹介しますね。

最初にざっくりご紹介しておくと、発売日と違いは↓のとおりです。

MRO-W1Y:2020年7月4日
MRO-W1Z:2021年7月3日
  • センサ制御の進化
  • 自動メニュー・レシピの数・内容
  • 冷凍ごはん・おかずの”オートあたため”時間短縮
  • スマホ連携

もし通販で購入されるなら、どちらも楽天が最安値です。

楽天市場HITACHI ヘルシーシェフ MRO-W1Y

楽天市場HITACHI ヘルシーシェフ MRO-W1Z

MRO-W1YとMRO-W1Zの違いと選び方

人差し指を立てた女性

センサ制御の進化

どちらも、重さと表面温度を検知してパワー・時間を自動コントロールする”Wスキャン”が採用されています。

ZのWスキャンは進化していて、野菜をシャキシャキに仕上げてくれます

自動メニュー・レシピの数・内容

 MRO-W1YMRO-W1Z
オートメニュー数242244
レシピ数287269

Zでは

  • 最短1分スピードメニュー(1人分なら最短1分でできるメニュー)
  • 野菜シャキシャキメニュー(野菜をシャキシャキの食感に仕上げるメニュー)
が追加され、使い勝手がUPしています。

冷凍ごはん・おかずの”オートあたため”時間短縮

たとえば冷凍ご飯(150g)の場合、

MRO-W1Y:約2分8秒
MRO-W1Z:約1分48秒
となっています。

忙しい朝にはうれしい進化ですね。

スマホ連携

Zではスマホとの連携が可能で、

  • 毎日のレシピの提案(定期的にレシピ追加あり)
  • スマホで選んだレシピの設定を、アプリから簡単に設定
  • 調理終了をスマホに通知
等ができます。

どっちを選ぶのが正解?

比較
機能面だけでいえば、Zの方が全面的にすぐれています。

でもその分、実場価格も高いです……。
(これを書いている時点では、Zの方が4,000円くらい高いです)

また、今回ご紹介した4つの違い・機能が必須かといえば、そうでもない方が多いのではないでしょうか。

そのため、↓の基準で選ばれるのをおすすめします。

価格重視の方⇒安く購入できるY

「いろんな機能があっても、結局、基本的な機能しか使わないんだよなー」という方⇒安く購入できるY

「シャキシャキ野菜」「冷凍ごはん・おかずの温め時間が短い」「スマホ連携」に魅力を感じる方⇒Z

通販サイトのランキングでは、Yの方が人気です。

また、もし通販で購入されるなら、どちらも楽天が最安値です。

楽天市場HITACHI ヘルシーシェフ MRO-W1Y

楽天市場HITACHI ヘルシーシェフ MRO-W1Z