象印 EE-RQ50とEE-DB50の違いは6つ!違いをシンプルに解説

象印 EE-RQ50
この記事では、象印のスチーム式加湿器『EE-RQ50』と『EE-DB50』の違い・選び方などをご紹介しますね。

EE-RQ50とEE-DB50の7つの違い

どちらも2020年9月に発売されたモデルで、EE-DB50の方が全面的に高機能です。

違いは↓の6つです。

  1. 運転モード
  2. 連続加湿時間
  3. タイマー
  4. 明るさ調整
  5. サイズ
  6. 重量
※その他の項目は共通です。

違いを比較した表のあとに、一つずつ説明しますね。

 EE-RQ50EE-DB50
運転モード連続運転強、弱胸、中、弱
自動運転しっかり、
標準、
ひかえめ
←同じ
水タンク容量3L4L
連続加湿時間6時間8時間
×16時間
24時間32時間
タイマー入り6時間4・6・8時間
切り2時間1・2・4時間
明るさ調整×
サイズ240x315x260mm240x365x275mm
重量2.4kg2.8kg

1:運転モード

RQの連続運転は強・弱の2段階ですが、DBは胸・中・弱の3段階です。
(自動運転はどちらも3段階)

自動運転で使う方がほとんどだと思うので、あまり気にする必要のない項目です。

2:連続加湿時間

DBの方が水タンクが大きいおかげで、↓のようなメリットがあります。

  • 強でも連続8時間つかえる
  • 給水の手間が減る

電気代はほぼ同じです。
(湯沸かしの頻度は減りますが、水が多い分だけ時間がかかるため)

3・4・5・6:タイマー・明るさ調整・サイズ・重量

タイマーは、DBの方が細かく設定できます。

表示の明るさ調整は、DBだけの機能です。

就寝時に明かりが気になる方にはうれしいポイントです。

サイズ・重量はRQの方が軽量コンパクトですが、わずかな差です。

どっちを選ぶのが正解?

選ぶ基準は

  • 就寝~起床までずっと、しっかり加湿したいか
  • 給水の頻度
  • タイマーの細かい設定・明るさ調整は必要か
  • 価格
になると思います。

実売価格は、これを書いている時点では、DBの方が4千円くらい高いです。

そのため、価格差をふまえて、↓の基準で選ばれるのをおすすめします。

就寝時もずっと、しっかり加湿したい方⇒DB

給水の頻度をなるべく減らしたい方⇒DB

タイマーの細かい設定・明るさ調整が必要な方⇒DB

上記以外の方⇒RQ

ちなみに通販サイトのランキングでは、RQの方が圧倒的に人気です。

もし通販で購入されるなら、これを書いている時点では、どちらもAmazonが一番安いです。

Amazon象印 EE-RQ50

Amazon象印 EE-DB50

楽天市場象印 スチーム式加湿器 EE-RQ50

楽天市場象印 スチーム式加湿器EE-DB50