WEX-1166DHP2とWEX-1166DHPSの違いは2つ!違いをシンプルに解説

バッファロー WEX-1166DHP2とWEX-1166DHPS
この記事では、バッファローの無線LAN中継器『WEX-1166DHP2』と『WEX-1166DHPS』の違い・選び方などをご紹介しますね。

WEX-1166DHP2とWEX-1166DHPSの2つの違い

いきなり答えになってしまいますが、違いは↓の2つです。

 WEX-1166DHP2WEX-1166DHPS
アンテナ外部アンテナ内蔵アンテナ
設置方法コンセント直挿し、
据え置き
コンセント直挿し
※その他の速度等の性能・機能は同じです。
※ただし厳密には、消費電力・サイズ・重量等も異なります。

1:アンテナ

結論からいうと、速度面では気にしなくていい項目です。

DHP2にはツノみたいな外部アンテナがあって、動かして調整できます。

DHPSは内蔵タイプです。

一般的には
「内蔵より外部の方が速いよ」
と言われています。

メーカ公式サイトでも、そう印象付けるグラフが掲載されています。

WEX-1166DHP2とWEX-1166DHPSの速度

でもこのグラフ、
「DHPSは42Mbpsしか出ないよ」
となっていたり、
「DHPSは126Mbpsも出るよ」
となっていたりします。(測定条件が異なるため)

また、家庭の電波状況は刻々と変化します。

その度にアンテナの向きを試行錯誤するのは面倒くさすぎて、あまり現実的ではありません。

そのため、速度面では気にしなくていい項目です。

2:設置方法

WEX-1166DHP2の設置方法
DHP2は、コンセント直挿し・据え置きのどちらも出来ます。

DHPSは直挿しのみです。

どちらも、直挿しでも邪魔にならないデザインになっています。

どっちを選ぶのが正解?

選ぶ基準は

  • 外部アンテナにこだわるか
  • 価格
になると思います。

実売価格は、これを書いている時点では、DHPSの方が千円くらい安いです。

そのため、「どうしても外部アンテナがいい!」という事でなければ、DHPSがおすすめです。

ちなみに通販サイトのランキングでも、DHPSの方が圧倒的に人気です。

もし通販で購入されるなら、これを書いている時点では、どちらも楽天が一番安いです。

楽天市場BUFFALO Wi-Fi中継機 WEX-1166DHP2

楽天市場BUFFALO WEX-1166DHPS

Amazonバッファロー WEX-1166DHP2

Amazonバッファロー WEX-1166DHPS

記事内で使用している画像は、バッファロー公式サイト(https://www.buffalo.jp/product/detail/wex-1166dhp2_d.html、https://www.buffalo.jp/product/detail/wex-1166dhps.html)からの引用です。