シャープ KI-GS70とKI-GS50、KI-HS70、KI-GX75の違いは?どれを選ぶのが正解?

シャープ KI-GS70
シャープのプラズマクラスター加湿空気清浄機は、定番中の定番という感じの存在ですよね。

でも似たような型番が多いし、毎年新製品が発売されるので、「違いはなに?」と戸惑われた方も多いと思います。

この記事では、KI-GS70とKI-GS50、KI-HS70、KI-GX75、KC-F70の違いや口コミ、価格情報、電気代などをご紹介しますね。

シャープ KI-GS70とKI-GS50、KI-HS70、KI-GX75、KI-JS70、KC-F70の違いは?比較してみました

まず、この6つの発売日は
KC-F70:2015年9月4日
KI-GS50:2016年10月20日
KI-GS70:2016年10月20日
KI-GX75:2016年10月20日
KI-HS70:2017年9月21日
KI-JS70:2018年11月15日
となっています。

F・G・H・Jが発売年を表していて、Iは飛ばして、Hの次はJです。

最初に大まかな特徴と違いを比較した表をご紹介して、その後に一つずつ詳しくご紹介しますね。

KC-F70:プラスマクラスター7000搭載のシンプルモデル
KI-GS50:KI-GS70より狭い部屋用
KI-GS70:コンパクトモデル
KI-GX75:プレフィルターの手入れ不要モデル
KI-HS70:クラウド(AI)・スマホ連動機能が追加されたモデル
KI-JS70:クラウド・スマホ連動が進化して、ペット専用モードが追加されたモデル

 KC-F70KI-GS50KI-GS70KI-GX75KI-HS70KI-JS70
プラズマクラスター70002500025000250002500025000
適用畳数17/3113/2316/3121/3416/3116/31
パワフルショット×
効果実感モード××××
自動掃除パワーユニット×××××
AI・スマホ連動××××
サイズ420x637x242mm345x631x262mm370x660x293mm405x666x316mm370x660x293mm370x660x293mm
重量8.6kg8.9kg10kg12kg10kg10kg

適応畳数

型番の数字が大きい程、広い部屋に対応しています。

プラズマクラスターパワフルショット

KC-F70以外に採用されている、プラズマクラスターを直接当てる機能です。

付着した料理臭・ペット臭・タバコ臭・部屋干し臭・加齢臭などの消臭、除菌が出来ます。

自動掃除パワーユニット

プレフィルターは定期的に掃除をしないと、集塵率が12ヶ月で約25%低下するそうです。

KI-GX75にはプレフィルターの自動洗浄機能があり、集塵率約99%を持続します。

効果実感モード

KI-HS70とKI-JS70には、「効果実感モード」が追加されています。

静音性がない代わりに、パワフルに稼働してくれるモードです。
外出時に動かしておくのに便利ですね。

クラウド上のAI・スマホとの連動

KI-HS70とKI-JS70は、無線LANを使用して、AIoTクラウドサービス「COCORO AIR」やスマホと連動できます。

室内や外気のデータを蓄積しながら、自動で最適な運転に切り替える等ができます。
また、スマホで操作したりデータを見ることも可能です。

KI-JS70はさらに、「ペット専用運転モード」「みまもり」にも対応しています。
ペット専用モードでは、臭いセンサーの感度を上げ、通常よりパワフルに稼働してくれます。

サイズ・重量

KI-GS70・KI-HS70・KI-JS70は、かなりコンパクトです。

KI-GS50は適用面積が小さい分、さらにコンパクトです。

どれを選ぶのが正解?

選ぶ基準は

  • プラズマクラスターは7000か25000か
  • クラウド・スマホ連動は必要か
  • ペットを飼っているか
  • 価格

になると思います。

実売価格は
(安い)KI-GS50<KI-GS70<KI-GX75<KI-HS70<KC-F70<KI-JS70(高い)
となっていて、とくにKI-JS70はかなり高いです。

そのため、
狭い部屋で使う⇒KI-GS50

スマホ連動は不要⇒KI-GS70

スマホ連動は不要で、プレフィルターの手入れ不要の方がいい⇒KI-GX70

スマホ連動は必要だけど、ペットは飼っていない⇒KI-HS70

スマホ連動は必要で、ペットを飼っている⇒KI-JS70
がおすすめです。

KC-F70はスペックが低いのに価格は高いので、選ぶメリットはないと思います。

通販サイトのランキングでは、KI-GS70が一番人気です。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ(それぞれの最安値は、下記リンク先のショップです)
Amazonシャープ KI-GS50

Amazonシャープ KI-GS70

楽天市場シャープ 自動掃除機能付き プラズマクラスター 加湿空気清浄機 KI-GX75-W ホワイト系

Amazonシャープ KI-HS70

楽天市場シャープ 加湿空気清浄機 KI-JS70-W【納期目安:約10営業日】

『KI-GS50』の本音の口コミ・レビュー

◆口コミ・レビューその1(匿名の男性)
「普段は静かなのですが、加湿中に定期的に機械音がするのが気になります」

◆口コミ・レビューその2(匿名の男性)
「中の掃除がちょっと大変です。

でもちゃんと手入れしないと、カビが生えます」

◆口コミ・レビューその3(匿名の男性)
「金魚とカメを飼っている部屋で、洗濯物の部屋干しもしていました。

こちらを購入してからは、部屋のニオイがなくなりました」

◆口コミ・レビューその4(匿名の男性)
「部屋の加湿のために購入しました。

水タンクの容量が大きいので、給水の手間が少なくて済みます。

手入れゼロとはいきませんが、タンクはヌメリづらいので、そんなに手間ではないです。

また、高齢の母親でも問題なく使えるくらい、操作は簡単です」

◆口コミ・レビューその5(匿名の男性)
「プラズマクラスター7000の機種も持っていますが、やっぱり25000だと違いを感じます。

スリムで場所も取らないし、おすすめです」

『KI-GS50』の価格情報!最安値は楽天?Amazon?

「どこが最安値なのかな?」と思って、いろんな通販サイトで価格を調べてみました。

その結果、最安値はAmazonでした。

Amazonシャープ KI-GS50

安いだけでなく、送料無料なのもうれしいです。

ちなみに楽天の場合だと、
楽天市場シャープ 加湿空気清浄機 ホワイト系 KI-GS50-W
という状況になっています。

『KI-GS70』の本音の口コミ・レビュー

◆口コミ・レビューその1(匿名の男性)
「風の音は静かです。

でも、モーターの低音がすごく気になります。
音の感じ方は個人差が大きいと思いますが、私は近くで寝るのは無理でした。

機能など、その他の点については不満なしです」

◆口コミ・レビューその2(匿名の男性)
「寝るときに使っていると、明るすぎます。

しょうがないので、テープで隠しています」

◆口コミ・レビューその3(匿名の男性)
「花粉症なので購入しました。

おかげで、花粉の最盛期でも鼻水が抑えられ、鼻がちょっと詰まる程度で済みました」

◆口コミ・レビューその4(匿名の男性)
「妻がひどい花粉症で、家の中でもマスクをしないといけない状況でした。

こちらを購入してからは、外との空気の違いをはっきりと体感でき、妻のマスクも不要になりました」

◆口コミ・レビューその5(匿名の男性)
「かなり優れものですね。

犬が前を通っただけで反応してくれます」

『KI-GS70』の価格情報!最安値はこちら

KI-GS70の最安値も、Amazonでした。

Amazonシャープ KI-GS70

安いだけでなく、送料無料なのもうれしいです。

ちなみに楽天の場合だと、
楽天市場シャープ 加湿空気清浄機 ホワイト系 KI-GS70-W
という状況になっています。

『KI-GX75』の本音の口コミ・レビュー

◆口コミ・レビューその1(匿名の男性)
「古い機種からの買い替えですが、加湿空気清浄機としての性能は変化なしですね。

また、静音だと加湿も空気清浄も弱すぎます。

でも中だとうるさい……」

◆口コミ・レビューその2(匿名の男性)
「花粉症のために購入して、10畳の部屋で使っています。

結果、花粉症は変化なしで残念です」

◆口コミ・レビューその3(匿名の男性)
「水タンクの容量が大きいので、給水回数が少なくて済みます。

寝室モードだと消灯してくれるので、睡眠の邪魔にもなりません」

◆口コミ・レビューその4(匿名の男性)
「ニオイやホコリに素早く反応してます。

おかげで、ペットのニオイなどが気にならなくなりました。

手入れの手間も、昔の機種と比べたら楽になっています」

◆口コミ・レビューその5(匿名の男性)
「じゅうぶんな性能で、不満はありません。

部屋を暗くすると”おやすみ”というなど、いろいろしゃべってくれるのも可愛いです。(不要ならオフにできます)」

『KI-GX75』の価格情報!最安値はこちら

KI-GX75の最安値は、楽天の下記リンク先のショップでした。

楽天市場シャープ 自動掃除機能付き プラズマクラスター 加湿空気清浄機 KI-GX75-W ホワイト系

安いだけでなく、送料無料なのもうれしいです。

ちなみにAmazonの場合だと、
Amazonシャープ KI-GX75
という状況になっています。

『KI-HS70』の本音の口コミ・レビュー

◆口コミ・レビューその1(匿名の男性)
「リビングでの使用だと、音が気になることはありません。

でも寝室だと、ちょっと気になります。

水の補給は、うちの場合は朝晩に1回ずつです」

◆口コミ・レビューその2(匿名の男性)
「ブーンという低音がけっこう響きます。
なので、寝室で使うのはちょっと厳しそう。

それから、wi-fiの感度が悪すぎるような?
やっと接続しても、翌日にはまた切れたり……。

他の製品は問題ないので、KI-HS70の問題だと思います」

◆口コミ・レビューその3(匿名の男性)
「人工知能が状況に合わせた運転をしてくれたり、外出先からスマホで操作できたり、便利です。

音は、基本的に静かですが、時々うるさいです。

加湿能力だけを見ると、某他社製の方が優れているように感じます。
でもトータルで見ると、不満はないです」

◆口コミ・レビューその4(匿名の男性)
「音がちょっとうるさいけれど、それ以外の点は不満なしです。

スマホで操作する機会はないですけど、水が切れたらスマホに知らせてくれる機能は便利です」

◆口コミ・レビューその5(匿名の男性)
「花粉症のために購入しました。

プラスマクラスター7000のモデルも持っていますが、7000と25000で違いは感じないです。

とはいえ、不満があるわけではありません。

花粉症対策としても消臭効果も、抜群です」

『KI-HS70』の価格情報!最安値はこちら

KI-HS70の最安値は、Amazonでした。

Amazonシャープ KI-HS70

安いだけでなく、送料無料なのもうれしいです。

ちなみに楽天の場合だと、
楽天市場シャープ 加湿空気清浄機 ホワイト系 KI-HS70-W
という状況になっています。

『KI-JS70』の価格情報!最安値はこちら

KI-JS70の最安値は、楽天の下記リンク先のショップでした。

楽天市場シャープ 加湿空気清浄機 KI-JS70-W【納期目安:約10営業日】

安いだけでなく、送料無料なのもうれしいです。

ちなみにAmazonの場合だと、
Amazonシャープ KI-JS70
という状況になっています。

KI-GS70の電気代は?

加湿空気清浄機は長時間使うものだから、電気代が気になりますよね。

加湿空気清浄の場合の電気代の目安は、
静音:約0.14円/h
中:約0.59円/h
強:約1.22円/h
となっています。

そのため、1日8時間使った場合
静音:約1.1円/日
中:約4.7円/日
強:約9.7円/日

1日8時間×30日使った場合
静音:約33円/月
中:約141円/月
強:291円/月
となります。

ずっと強や中で運転するケースは少ないと思いますし、これくらいなら、電気代はあまり気にせずに使えそうですね。

(上記の数値は、1kWh=27円で計算した場合です。実際の数値は、各ご家庭によって異なります)

まとめ

家電は毎年新製品が発売されても、何も進化していないことが多いですよね。

でもシャープのプラスマクラスター加湿空気清浄機の場合は、毎年少しずつパワーアップしています。

今回ご紹介した各モデルの特徴は、
KC-F70:プラスマクラスター7000搭載のシンプルモデル
KI-GS50:KI-GS70より狭い部屋用
KI-GS70:コンパクトモデル
KI-GX75:プレフィルターの手入れ不要モデル
KI-HS70:クラウド(AI)・スマホ連動機能が追加されたモデル
KI-JS70:AIoTクラウドサービス「COCORO AIR」が進化したモデル
という感じになっています。

高機能なほどお値段も高くなるので、
狭い部屋で使う⇒KI-GS50

スマホ連動は不要⇒KI-GS70

スマホ連動は不要で、プレフィルターの手入れ不要の方がいい⇒KI-GX70

スマホ連動は必要だけど、ペットは飼っていない⇒KI-HS70

スマホ連動は必要で、ペットを飼っている⇒KI-JS70
がおすすめです。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ
Amazonシャープ KI-GS50

Amazonシャープ KI-GS70

楽天市場シャープ 自動掃除機能付き プラズマクラスター 加湿空気清浄機 KI-GX75-W ホワイト系

Amazonシャープ KI-HS70

楽天市場シャープ 加湿空気清浄機 KI-JS70-W【納期目安:約10営業日】