キヤノン iNSPiC PV-223とPV-123の違いは5つ!違いをシンプルに解説

キヤノン iNSPiC PV-223
この記事では、キヤノンのスマホ専用ミニプリンタiNSPiC『PV-223』と『PV-221』の5つの違い・選び方などをご紹介しますね。

iNSPiC PV-223とPV-123の5つの違い

まず、この2つの発売日は

PV-123:2018年9月
PV-223:2022年9月
です。

そして、5つある違いをくらべたのが↓の表です。

 PV-223PV-123
印刷の
解像度
313×512dpi314×400dp
USBType-C
(充電専用)
micro USB
(充電専用)
Bluetooth5.04.0
充電時間45分90分
トッププレート
着せ替え
×

一つずつご紹介しますね。

1:印刷解像度

一番大きな違いで、画質に大きく影響します。

正直、「PV-223でもキレイとは言えない」という感じなのですが、PV-123は更に落ちます

どこまで求めるかによりますが……。

どちらも、普通のプリンタでの写真印刷のような画質ではないです。

2:USB

充電用のUSBは、マイクロUSB⇒最近主流のType-Cに変わっています。

3:Bluetooth

4.0⇒5.0になって、速度と安定性が向上しています。

4:充電時間

90分⇒45分になりました。

充電が減るのはけっこう早いので、うれしい変更点です。

5:トッププレートの着せ替え

PV-223の別売りアクセサリー
PV-223はプレートが別売りされていて、着せ替えできます。

どっちを選ぶのが正解?

実売価格は、これを書いている時点では、PV-123の方が3千円くらい安いです。

でも画質が違いすぎるので、PV-123よりはキレイなPV-223がおすすめです。

通販サイトのランキングでも、PV-223の方が圧倒的に人気です。

もし通販で購入されるなら、Amazonが一番安いです。

AmazonCanon スマホ専用ミニフォトプリンター iNSPiC PV-223

ちなみに楽天の場合だと、

楽天市場キヤノン ミニフォトプリンター iNSPiC PV-223

という状況になっています。