キヤノンTS5430とTS3530の違いは7つ!違いをシンプルに解説

キヤノンTS5430
この記事では、キヤノンの複合機プリンタ『TS5430』と『TS3530』の違い・選び方などをご紹介しますね。

最初にざっくりご紹介しておくと、

TS5430:印刷コストは高いが、高機能
TS3530:印刷コストは安いが、低機能
となっています。

TS5430とTS3530の7つの違い

いきなり答えになってしまいますが、違いは↓の7つです。

  1. 印刷コスト
  2. 印刷速度
  3. 印刷可能サイズ
  4. 自動両面印刷
  5. 給紙トレイ
  6. コピー・スキャナ
  7. 本体色

1・2・3・4:印刷

 TS5430TS3530
発売日2021年12月2022年3月
印刷コスト
(A4カラー)
約19.5円約17.6円
印刷コスト
(L判フチなし写真)
約29.0円
※用紙代込み
約27.0円
※用紙代込み
印刷速度
(A4カラー)
約6.8ipm約4.0ipm
印刷速度
(A4モノクロ)
約13.0ipm約7.7ipm
印刷速度
(L判フチなし写真
約36秒約52秒
印刷可能サイズ名刺サイズ ~ A4、レターL判 ~ A4、レター
自動両面印刷普通紙
(A4、A5、B5、レター)
×

TS5430は、速い代わりに、インク代が高いです。

TS3530は、遅い代わりに、インク代が安いです。

また、TS5430は「自動両面印刷できる」「使える用紙サイズが多い」のもポイントです。

ちなみに、インクはどちらも、非独立の4色(染料+顔料)です。
※インクの型番は異なります。

補足:印刷速度ipmについて

ipmとは「1分間に何枚印刷できるか」の目安で、数値が多い方が速いです。

5:給紙トレイ

 TS5430TS3530
給紙前面・後面後のみ
給紙枚数
(普通紙)
前:100枚、
後:100枚
60枚
給紙枚数
(ハガキ)
40枚
(後ろのみ)
20枚

TS5430は前後に給紙できるので、前後に異なる用紙をセットすることで、頻繁に異なるサイズの用紙を扱う際に便利です。

6:コピー・スキャナ

 TS5430TS3530
コピー濃度調整9段階+自動×
コピーサイズ調整25% ~ 400%
(1%単位)
×
フチなしコピー×
両面コピー×
2in1コピー×
スキャナ解像度1200dpi×2400dpi600dpi×1200dpi

TS5430の方が高解像度でコピーでき、微調整もできます。

TS3530は、「文字だけなら、まぁいいかな」ぐらいの解像度です。

7:本体色

 TS5430TS3530
本体色ブラック、
ホワイト、
ピンク
ブラック、
ホワイト

どっちを選ぶのが正解?

比較
選ぶ基準は

  • 印刷コストと速度、どっちを優先するか
  • 自動両面印刷
  • 異なるサイズの用紙を頻繁に使うか(前トレイからの給紙)
  • コピー・スキャナ
  • 価格
になると思います。

実売価格は、これを書いている時点では、TS5430の方が4,500円くらい高いです。

そのため、↓の基準で選ばれるのをおすすめします。

印刷速度を優先する方⇒TS5430

自動両面印刷が必要な方⇒TS5430

異なるサイズの用紙を頻繁に使う方⇒TS5430

コピー・スキャの質にこだわる方⇒TS5430

印刷コストを優先する方⇒TS3539

ちなみに通販サイトのランキングでは、TS3530の方が人気です。

もし通販で購入されるなら、これを書いている時点では、それぞれ下記リンク先が一番安いです。

Amazonキヤノン TS3530

楽天市場Canon PIXUS TS5430