エプソンEW-M530FとPX-M730Fの違いは24項目!違いをシンプルに解説

エプソンEW-M530F
この記事では、エプソンの複合機・プリンタ『EW-M530F』と『PX-M730F』の違い・選び方などを、シンプルにわかりやすくご紹介しますね。

最初にざっくりご紹介しておくと、↓のようになっています。

  • 基本的には、PX-M730Fの方が全面的にすぐれている
  • 特徴的な違いは「画質」「印刷速度」「印刷コスト」
  • ただしEW-M530Fは、「ハガキの自動両面印刷ができる」という点だけすぐれている

EW-M530FとPX-M730Fの24の違い

全項目をご紹介すると膨大な量になってしまうので、違う項目だけ解説していきますね。

そのため、記載のない項目については、共通になります。

インク・印刷

  EW-M530FPX-M730F
インク独立4色
(染料+顔料)
独立4色
(すべて顔料)
最大解像度4800×1200dpi4800×2400dpi
印刷コスト
A4カラー14.7円10.5円
A4モノクロ5.1円3.6円
L判フチなし写真30.8円
(用紙代込み)
(非公表)
印刷速度A4カラー8.0ipm11.0ipm
A4モノクロ14.5ipm21.0ipm
L判フチなし写真75秒/枚(非公表)
自動両面印刷用紙ハガキもOK普通紙のみ
速度
(A4カラー)
4.5ipm7.0ipm
速度
(A4モノクロ)
6.5ipm12.0ipm

PX-M730Fは、EW-M530Fと比べて

  • すべて顔料で解像度も高く、高画質
  • 印刷が速く、コストも安い
  • ただし、自動両面印刷は普通紙だけで、ハガキはNG
となっています。

ハガキの両面印刷が多い方にとっては、EW-M530Fの方が便利です。

※ipmについて
ipmは「1分間に何枚印刷できるか」の目安で、数値が多い方が速いです。

ダイレクト印刷

ダイレクト印刷は、PC・スマホなどを介さずに、プリンタ自体がデータを処理して印刷する機能です。

PX-M730Fだけが対応していて、USBメモリーなどのデータを処理できます。

ADF・スキャナ

  EW-M530FPX-M730F
ADF給紙枚数30枚35枚
読み取り速度カラー:5.0ipm
モノクロ:5.0ipm
カラー:8.0ipm
モノクロ:12.0ipm
スキャンデータを
メモリーカードに
保存
×
ADF(自動原稿送り)・スキャンともに、PX-M730Fの方が速くて快適です。

また、スキャンデータを画像ファイルとして保存できるのは、PX-M730Fだけです。

コピー

  EW-M530FPX-M730F
割り付け2面×
4面×
コピー機能プレビュー
濃度調整
背景除去
×
コントラスト調整
×
鮮やかさ調整
×
色調補正
×
シャープネス調整
×
色相調整×
バラエティコピーIDコピー
影消しコピー
パンチ穴消しコピー
1部ずつソート×

PX-M730Fは微調整ができる他、
「1部ずつソートしてコピー」
「4面割付(4枚の原稿を1枚にまとめる)」
が便利です。

FAX

  EW-M530FPX-M730F
画質設定モノクロ3段階5段階
カラー1段階1段階
原稿サイズA4A4/A5/B5
受信最大保存数100枚、
100件
180枚、
100件
データの外部保存×USBメモリー等

FAXはどちらも大差ありませんが、PX-M730Fは
「A4だけでなく、A5・B5にも対応」
「USBメモリ等に保存できる」
の2点が魅力です。

本体

  EW-M530FPX-M730F
液晶画面2.4型
(タッチパネル)
2.7型
(タッチパネル)
給紙枚数普通紙150枚250枚
ハガキ30枚65枚
写真20枚50枚
フチなし吸収材エラー時印刷不可フチありなら
印刷可
耐久枚数5万枚8万枚
本体サイズ375x230x347mm425x249x379mm
重量6.5㎏8.9kg
無線LANIEEE802.11
ac/n/a/g/b
5GHz対応
IEEE802.11
ac/n/a/g/b
5GHz対応
接続支援×iOS:QRコード
Android:アプリ

大きな違いは

  • 耐久性(5万枚・8万枚)
  • フチなし吸収材エラー時の動作
の2つです。

今回の2機種に限らず、プリンタにはハミ出したインクなどを吸収するための吸収材があります。

現在、プリンタによって、吸収材がいっぱいになった時の動作は

  • 一切の印刷ができなくなる
  • フチあり印刷だけできる
の2つがあります。

プリンタを使えない期間ができてしまうのは不便ですね……。

(ただし、吸収材はすぐにいっぱいになるようなモノではありません。何度もインク交換しても、まだならない場合もあります)

また、吸収材は
「自分で交換OK」
「自分で交換は不可(メーカ修理)」
の2タイプがあり、今回の2台はどちらも交換用部品が市販されていて、「自分で交換OK」です。

どっちを選ぶのが正解?

比較
「なるべく簡潔に」と思って書き進めてきましたが、だいぶ長くなってしまいました……。

選ぶ基準は

  • ハガキの両面印刷をすることが多いか
  • 印刷コスト
  • 本体価格
になると思います。

ハガキの両面印刷を行うことが多い方にとっては、EW-M530Fの方が使い勝手がいいです。

また実売価格は、これを書いている時点では、PX-M730Fの方が2,400円くらい高いです。

でもPX-M730Fは印刷コストが安いので、2,400円の差は、570枚程度の印刷で取り戻せます。

そのため、ハガキの自動両面印刷が不要であれば、PX-M730Fがおすすめです。

ちなみに通販サイトのランキングでは、PX-M730Fの方が圧倒的に人気です。

もし通販で購入されるなら、それぞれ下記リンク先が一番安いです。

楽天市場EPSON インクジェット複合機 EW-M530F

Amazonエプソン PX-M730F