日立 BW-V70GとBW-V80Gの違いは2つ!違い・選び方をシンプルに解説

日立 BW-V70G
この記事では、日立の自動洗濯機『BW-V70G』と『BW-V80G』の違い・選び方などをご紹介しますね。

BW-V70GとBW-V80Gの2つの違い

いきなり答えになってしまいますが、どちらも2021年6月発売のモデルで、違いは↓の2つだけです。

  1. 洗濯容量
  2. 本体カラー

洗濯量量が異なるため、電気代・水道代なども違っています。

 BW-V70GBW-V80G
洗濯容量7kg8kg
電気代の目安
(50Hz/60Hz共通)
約1.3円/回約1.6円/回
洗濯時の水道代
(目安)
約23円約25円
サイズ
(幅・高さ・奥行mm)
577(530)×980×586608(570)×1000×610
防水パンのサイズ530mm←同じ
重量35kg40kg
本体カラーホワイトホワイト、
シャンパン
※その他の機能・性能などは同じです。

補足:洗濯容量の目安

すごくざっくり言うと、↓のようになっています。

4.5㎏:「大人2人+子供2人」分のYシャツ・ズボンやスカート・下着・バスタオル+α

7kg:4.5kg+バスタオル2枚+Yシャツ2枚+パジャマ(上下)3着

8kg:7kg+ジャージ(上下)1着+α

どっちを選ぶのが正解?

機能面での違いはないので、洗濯する量に合わせて選ばれるのをおすすめします。

「迷ったら大きい方で」という考え方もアリですが、電気代・水道代が高いですし、実売価格も(これを書いている時点では)1万円くらい高いです。

もし通販で購入されるなら、これを書いている時点では、70はAmazon・80は楽天が一番安いです。

Amazon日立 BW-V70G

Amazon日立 BW-V80G

楽天市場HITACHI ビートウォッシュ 全自動洗濯機 BW-V70G

楽天市場HITACHI ビートウォッシュ 全自動洗濯機 BW-V80G